近未来的なホログラム機能搭載!?Appleスマートグラス(ARメガネ、ARグラス)情報について

スポンサーリンク
IT
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、竜崎です。

今回は、スマートグラスについて勉強していきたいと思います。

スマートグラスについて知りたい方やARグラスについて

情報を知りたい方向けの記事です。

スマートグラスとは

言葉だけでは、なかなかイメージが思いつかないため、少し調べてみました。

スマートグラスとは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)方式の拡張現実ウェアラブルコンピュータ。

一般的にはカメラと網膜投射型のディスプレイを搭載しており、PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveのような没入型デジタル環境とは異なり、実際の景色に重ねて表示することができる。一般的には単体(スタンドアローン)では機能せず、WiFiなどによってスマートフォンやインターネットなど、外部のコンピュータネットワークと接続して機能する。
自然言語音声認識機能により、音声コマンドで各種操作が行なえるインターフェースを備えている機種もある[1]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9

現在販売されているものは以下の通りです。

ARグラスとは

《augmented reality glass》目の前の現実の風景に、拡張現実(AR)技術によって文字や映像を重ね合わせて表示する、眼鏡型のウエアラブル端末ARグラス拡張現実眼鏡眼鏡型AR端末

https://kotobank.jp/word/AR%E7%9C%BC%E9%8F%A1-1714152#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

スマートグラスのメリットは、情報を見ようとした際に

目を離す必要ない事がです。

例えば、以下の動画のような事が出来るようになります。

スマートグラスとARグラスの違いとは

結論:違いはあまりなく、どちらも同一単語として使われる。

※但し、ARを使う場合はARグラス

スマートグラスとARグラスは似た言葉のため混同してしまいます。

一説によれば、スマートグラスとARグラスが

混同している原因として主に2つ

1つ目はグーグルグラスが世に出た際の紹介のされ方で混同した。

2つ目は、その他のARグラス開発会社が、

”AR”という単語を再定義した。

以上の2点があげられます。

単純にARを用いている場合はARグラスと使う方が無難です。

今後の動向 Appleが注力するAR

Appleは、ARアプリ開発プラットフォームARKitを公開するなど

AR機能の強化に力を入れており、ティム・クック最高経営責任者(CEO)も

ARに注力する事を明確している。

iphoneとの連携でARで色々出来る事も期待されます。

また、2021年3月23日にAppleが、米国特許商標庁(USPTO)で新たに特許を取得した。

これが特許から製品が出来た場合、Appleスマートグラスにホログラム機能を搭載し、

拡張現実(AR)で3Dオブジェクト表示可能になる可能性がある。

apple 公式HP

ARで遊んでいる記事があったので興味があればどうぞ

休日2日を生け贄に青眼の白龍を召喚!

【参考】

https://qiita.com/k-boy/items/d935b76fed67e11b9fb2
2020年に発売?ARメガネ「Apple Glass」のコンセプトデザイン
  最近のAppleが注力する拡張現実(AR)に特化したメガネ型ウェアラブル「Apple Glass」のコンセプトデザインが公開されました。AppleのARデバイスは、2020年頃に発売されるのではないかと予測

コメント

タイトルとURLをコピーしました