【Iot】工場で出来るIotおすすめ3選

IT

どうも、竜崎です。

今回は、Iot関連で工場で出来るIotについて紹介していきたいと思います。

工場でのIot推進は各企業しており、最近では中小企業のIot推進が顕著です。

Iotは多額の投資で実現するものよりも、少額投資でのお試し導入が多く中小企業の

Iotのニーズが高まった要因とも言えます。

特に、少額投資ですぐに出来そうなIotについてオススメしていきます。

Iotオススメ3選

今回は経産省で公表されているスマートものづくりの中から抜粋した内容になります。

オススメポイントとしては、低価格、導入しやすさ等を考慮しました。

タブレット端末導入(作業履歴・ノウハウの電子データ化含む)

このIot計画は、単純にタブレットを導入する事で電子化を推進した部分がポイントです。

電子化するだけでも、様々なメリットがあり効率化にも繋がります。

何より、タブレット購入以外はそこまで費用として掛からない事がメリットです。

※無料クラウド若しくは有料でも大した金額はかかりません。

スマート化技術導入のメリット
 製造現場に導入したタブレット端末を通して資料参照。設備状況を撮影した写真 を共有
 現場で作業メモをタブレット端末に入力することで、作業履歴 の電子化を促進

タッチパネル導入(生産管理システム)

タッチパネルについても、同様にiPad等も活用できるためオススメです。

以下の計画では、生産管理システムとして活用していますが操作したい部分や見たい部分を

タッチパネルにする事で作業効率は各段に向上します。

・一般的な生産管理システムとしての機能は保有しながら、機能分解できる仕組。導入先企業の状況やニーズに合わせて機能ごとに提供可能。
・iPadや大型タッチパネル等、デバイス問わず利用可能。


【IT・IoT活用の経緯・概要】
・一般的な生産管理システムは、様々な機能が搭載されているが、中小ものづくり企業ではその一部の機能しか必要としていないという現場の声を踏まえ、生産管理システムとしての機能は保有しつつ、導入企業の状況やニーズに合わせて機能ごとに提供可能な仕組みを開発・提供。
・本システムは、一般的な生産管理システムと同様に様々な機能※を有する。それら機能の中から、自社のニーズに合う機能のみを選択して導入する機能売りの形式。

※ 「見積管理」、「受注機能」、「作業管理」、「出荷管理」、「仕入・外注管理」、「生産・工程管理」、「生産計画立案」、「進捗管理」、「在庫管理」、「EDI統合」、「図面・作業動画」、「不具合管理」、「原価管理」、「売上請求管理」等
・また、デバイスを選ばず利用可能であり、大画面タッチパネル、iPad等、顧客ニーズに合わせて利用可能。その他、操作性にも留意し、直感的な操作ができる。
・例えば、従来、中小ものづくり業では生産計画を立案する場合、作業内容や進捗等をホワイトボードを使って管理する作業が必要であった。同システムでは、作業内容がシステム上で付箋のような“タイル”としてまとめられ、そのタイルをドラッグ&ドロップするだけで生産計画の策定及び、変更等が可能となる。
効果およびメリット
【事業に合わせた最適な機能の提供】

・生産管理システムが有する13機能から、自社で必要な機能のみを選択して導入可能。

・また、ビジネスの成長に合わせて段階的に機能の追加が可能。

【生産計画の新しいカタチを提供】

従来のホワイトボードでのスケジュール管理をIT化。

・アナログとデジタルの利点を融合した、タッチ操作で使える計画ボードを提供。 【現場で使える生産管理システム】

大画面のタッチパネルのほか、iPad等のスマートデバイス等、デバイスを選ばず、顧客のニーズや状況に合わせて利用可能。

ITリテラシーを考慮し、直感的に操作することが可能な操作性を実現。

http://usecase.jmfrri.jp/#/

中小企業用「IoTツール」(豊田商工会議所IoTモデル)

現在、人が定期的に監視する作業をセンサーを取付けて自動監視するのがIotツールの目的です。

以下計画では、優先度を決定し優先度に応じて警報などを行うなど合理的な進め方をしています。

当然、お金があれば全て監視すべきですが優先度をつける所も重要なポイントとなります。

中小企業が、生産設備のデータ収集・分析・監視等を容易に実現するために、中小企業用

「IoTツール」を構築した。そして、中小企業が手軽に「IoTツール」を利用できる様に、「大レベル」・「中レベル」・「小レベル」の中小企業用「IoTツール」を準備した。

〇「小レベル」では、設備の電源ON・OFFの信号を管理及び設備のパトライト(異常)の信号を管理等

〇「中レベル」では、設備のセンサー情報を管理等

〇「大レベル」では、複数設備の管理等

●「中レベル」事例:はんだコテ先の温度監視 <改善前> はんだ付設備には、はんだコテ先の温度を計測する温度計が付いており、常に温度監視をしている。しかし、設備のモニタに状況が表示されが、設備のモニタのところまで行かないと状態が分からない。

<改善後> はんだコテ先の温度を、設備のモニタまで行かなくても分かる様に、中小企業用「IoTツール」を利用して、遠隔でも状態が分かる様にした。


効果およびメリット

労働人口が減少しており、中小企業は今後更に大きな打撃を受けることになる。既に地方の中小企業は、アルバイト・派遣・新卒者が全く採用できない状態になっている。そのため、複数名で実施していた作業監視等を、今後は新しい作業者が入ってこないため、少人数で実施す必要がある。その様な状態になる前に、中小企業用「IoTツール」を導入することにより、設備のそばまで人が行かなくても、少人数で遠隔監視が可能となる。

【まとめ】

Iotは人がやっている事を機械に置き換える事を良く考えます。

しかし、大掛かりな自動化を主に考えるよりも少しの改善から取り組む方が良いと考えます。

スモールスタートでも良いのでIotにチャレンジする事が重要だと思います。

【参考】

https://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170410002/20170410002-2.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました